未分類

ハラール認証とは?ムスリム対策のために知っておきたいこと

ハラール認証とは?

今回はハラール認証についてご紹介します。ハラールといえばイスラム教の人が食べてもいいとされている食事のことをイメージします。その認証制度がハラール認証なのでしょうか。

ハラールとは?

ハラールとはイスラム教の教えで「許されている」という意味のアラビア語です。反対の「禁じられている」というアラビア語はハラムもしくはノンハラールと言います。

ハラール、ハラムというのはイスラム教においてモノや言動が神に許されているかどうかということを示す考え方です。つまりハラールはイスラム教の信者ムスリムにとって生活の全てであり、食べ物のことだけではない、とても大切なことなのです。

ノンハラールなもの

では、具体的ハラールなものノンハラームなものを見てみましょう。ハラールはノンハラールなもの以外と考えてください。

ノンハラールなものはまず豚肉です。イスラム教では豚に派生するもの全てが禁止されています。豚肉以外の肉についてはイスラムの教えに則った方法でと畜や加工処理されていないものはノンハラールになります。また、死んでしまった動物の肉もノンハラールです。

お酒はイスラム教では飲んで酔っ払ったときの害がノンハラームとされます。そのため、お酒を飲むことをしない人が多いですが、消毒用のアルコールまで避ける人の数は多くないようです。また、醤油や味噌など発酵の過程でアルコールが生じるものも消毒用と同様、それほど問題にしない人が多いようです。

このようにムスリムと言ってもみな同じではなく、人それぞれ考え方が違うということも理解しておきましょう。

ハラールなもの

ノンハラームでないものはハラールなものと言えます。具体的には野菜、果物、魚、卵、牛乳、豚肉以外のイスラムの教えに則った方法でと畜や加工処理された肉とその派生物です。

1-2.ハラール認証の概要

https://www.shutterstock.com/ja/image-photo/papar-sabah-malaysia-august-20-2013-1278081895?src=_2V800VmcY5Fbzzvha4DPQ-3-72
では本題のハラールの認証について説明します。近年、ムスリムの人たちが、一見してこの商品はハラールなのかどうか判断しにくいものが増えてきています。そのため、宗教と食品科学の専門家がハラールであると認定したものにマークをつけるようにしたのがハラール認証です。これは1970年頃マレーシアで始まった制度のようです。

ハラール認証には「農場からフォークまで」という考え方があり、これは原料、製造、流通、そして消費される瞬間まで全てハラールであるべきという考え方です。ハラール認証を受けるには原料がハラールであることは大前提で、製造では施設、設備が常にハラールであること、作っている従業員や管理者がハラールについての理解をしていることが求められます。そうでないと、ハラールでないものが混じりかねないからです。

ハラール認証をしてくれる団体は世界で200以上あると言われ、日本でも15以上の認証団体があります。しかし、それらに統一した基準はありません。というのも国によっても宗派やイスラム教の指導者によってハラールについての見解の違いがあり、統一することができないのが実際のところです。

認証制度についてはまだまだ新しいものなので、変化も激しく、最新の情報を入手するようにしたいです。

1-3.ハラール認証の取得の方法

https://www.shutterstock.com/ja/image-photo/slaughterhouse-flewischer-inspects-freshly-slaughtered-cattle-1331554442?src=v9lXJxYo4HyfNc25bNpaWA-1-1

ハラール認証を取得したい場合は、まず認証を行っている団体に相談してみましょう。団体はいくつもありますので、多くの認証を行っていて、信頼できる団体を選んでください。輸出を行いたい場合は、輸出したい国で認められている認証が受けられる団体を選びましょう。認証をしてもらうには、認証機関との面談、申請書の作成、書類審査、監査などが必要です。また、定期的に監査を受けて、認証を更新する必要もあります。お金もかかりますので、値段を調べ、費用の調達も必須になります。

2.ハラール認証取得のメリット

https://www.shutterstock.com/ja/image-photo/bangkok-thailand-27th-march-2018-people-1326213194?src=_2V800VmcY5Fbzzvha4DPQ-7-57
まだまだ未完成なハラール認証ですが、取得しておくメリットがあります。それはムスリムたちにとってはある程度安全なものだと一目瞭然なため、アピール効果が絶大だからです。また、国によっては特定のハラル認証機関からハラル認証を受けた製品でないと輸出できない場合もあります。

2-1.世界のイスラム教徒

ハラールはどれくらいの市場規模があるのか考えるときに、世界のムスリムの数を考えてみてください。世界には現在、16億人以上のムスリムがいると言われています。世界最大のムスリム人口を持つ国はインドネシアで、2億5千万人の全人口のうち9割近くの2億2千万人がムスリムです。世界のムスリムの半数はアジアに住んでおり、インドネシアの他、パキスタン、バングラデシュ、インドなどにも多く住んでいます。また、中国にも2千万人以上が、ヨーロッパにも4千万人以上のムスリムがいます。

2-2.日本のイスラム教徒

日本は仏教の国なので、イスラム教は縁遠いと思われがちですが、10~20万人のムスリムが住むと言います。そのほとんどが留学生や企業研究生のようですが、ムスリムの外国人観光客も増えてきています。

2-3.ハラール認証は必須なのか

ハラール認証は必須なのかどうかというと結論から言えば必須ではありません。しかし、認証があればムスリムたちが安心できるので、ムスリムから選んでもらえる商品や店になりやすいということです。また、ハラール認証は取得していなくても、ノンハラールなものを使用していない商品に「ムスリムフレンドリー」のマークをつけて、ムスリムが比較的安心して購入できるものもあります。

3.日本におけるハラール認証

https://www.shutterstock.com/ja/image-vector/grunge-100-halal-rubber-stamp-441048595?src=NRqUoqnIDe27Lk5vA9pJ9Q-1-23
日本ではハラール認証団体についての許認可や届出も必要なく、管理する公的機関もありませんが、日本の認証団体からハラール認証を受けている製品やムスリム対応のサービスをご紹介します。

3-1.食品について

https://www.shutterstock.com/ja/image-photo/pretty-asian-muslim-woman-comparing-between-753589012?src=CmWBnMdoe1HtMxWHOzv-Wg-1-27

ハラール認証を受けている食品は下記のとおりです。醤油、味噌、マヨネーズ、小麦粉、カレー粉などの調味料、海苔、緑茶、鶏肉(国産)、牛肉(和牛・国産)、和菓子(あられ、まんじゅうなど)、洋菓子(カステラ、チーズケーキ、 ゼリーなど)、飲料(ジュース)、お米、米加工品(米粉パンなど)、大豆加工品、ラーメン、うどん、そうめん、レトルトカレー、食パン、菓子パン、ジャム、ゼラチン、有機酸(食品添加物)、香料、健康食品になります。

3-2.食品以外

https://www.shutterstock.com/ja/image-photo/kota-bharu-kelantan-malaysianovember-24-2018-1238969386?src=cmvRsaJ7x6jPAMMtitxYqg-1-88
食品以外のハラール認証を受けている商品は石けん、シャンプー、保湿クリームです。

3-3.飲食店について

https://www.shutterstock.com/ja/image-photo/london-england-september-01-2013-halal-303031034?src=_2V800VmcY5Fbzzvha4DPQ-3-26
日本の飲食店ではハラール認証店とムスリム向けメニューを提供している店の2通りがあります。

3-4.宿泊施設について

https://www.shutterstock.com/ja/image-photo/singapore-feb-7-2019-food-court-1347519842?src=_2V800VmcY5Fbzzvha4DPQ-7-67
日本の宿泊施設ではハラル認証、ムスリム向けメニュー、ピクトグラム表示などの食事の対応をしてくれるところや礼拝場所、礼拝時間のお知らせ、礼拝グッズの貸出など、礼拝への対応をしてくれるところがあります。

3-5.ハラール認証団体

一般社団法人ハラル・ジャパン協会によって実績等を確認している日本にあるハラール認証団体は9団体です。対応している国が違うので、どこの認証を取得するのかは、どこの国に対して商売をするかによって違います。

・宗教法人日本ムスリム協会 対応国はインドネシア、シンガポール、マレーシア
・宗教法人イスラミックセンター・ジャパン 対応国はUAE
・NPO法人 日本ハラール協会 対応国はシンガポール、マレーシア
・マレーシア ハラル コーポレーション株式会社 対応国は不明
・NPO法人日本アジアハラール協会 対応国はシンガポール、マレーシア
・京都ハラール評議会 対応国は不明
・宗教法人 日本イスラーム文化センター/マスジド大塚 対応国はマレーシア、UAE
・ムスリム・プロフェッショナル・ジャパン協会 対応国はインドネシア、マレーシア
・一般社団法人 日本ハラールユニット協会 対応国はマレーシア

まとめ:ハラール認証でムスリム対策
https://www.shutterstock.com/ja/image-photo/muslim-women-hijab-having-dinner-1051757447?src=zcCvG5ih9FYbyafTAOVxog-1-0

今回はハラール認証について説明しました。イスラム教は日本人にとって遠い国の人の宗教と思われがちですが、ムスリムの半数はアジアに住んでおり、日本にも年々ムスリムの留学生や観光客が増えています。そのような状況で、インバウンド対策を考えるときにムスリム対策ではハラールは欠かせないものです。ハラール認証は必須ではありませんが、ムスリムたちに安心して食べたり使用してもらうためにはとても有効なものです。また、ムスリムのことを知るきっかけにもなりますので、ハラール認証を検討してみてはいかがでしょうか。